横須賀へ配備された空母「ロナルド・レーガン」、その強大な能力

2015年10月、新たに横須賀へ配備され、自衛隊の観艦式にも登場したアメリカ海軍の空母「ロナルド・レーガン」。はたしてどのような経歴、そして能力を持つ空母なのでしょうか。またその日本配備は何を意味するのでしょうか。

東日本大震災で洋上拠点になった空母

「一番近い空母はどこを航行中か?」

 世界のどこかで大事件が発生した際、アメリカ大統領は必ず最寄りの空母の所在を尋ねるという逸話があります。我々、日本人が忘れ得ぬ日となった2011年3月11日の東日本大震災当日にも、オバマ大統領はそう発言したに違いありません。事実、震災発生から2日後の3月13日には、太平洋を航行中だった空母「ロナルド・レーガン」が日本近海に到着し、救難活動を開始しました。

「オペレーション・トモダチ」と命名された米軍の救難活動において、「ロナルド・レーガン」および、その他の米艦を発進したヘリコプターは3月13日だけで3万食の非常食を空輸、自衛隊へ引き渡すなど大きな貢献を残しました。そして「ロナルド・レーガン」は4月5日に撤退するまで、捜索・救出・空輸活動の貴重な洋上拠点として活躍します。

151031 reagan 01
2015年10月1日、新たな母港・横須賀へ入港する空母「ロナルド・レーガン」(写真出典:アメリカ海軍)。

 そして今年2015年、「ロナルド・レーガン」は神奈川県の横須賀米海軍施設へ配備されることとなり、9月3日にサンディエゴを出航。10月1日、新たな母港となる横須賀へ入港しました。そして到着早々、10月12日には初めての一般公開を行ったほか、10月18日には海上自衛隊の「観艦式」において祝賀航行を行うなど、すでに活動を開始しています。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ドッグ入りではなくて、「ドック入り」ですよ。「dock」 犬に入ってどうするんですか

  2. 空母が震災に合わせて登場。それだけでなく、いろんな軍艦が準備してきたように現地入り。タイミングよすぎるのです

  3. それを上回る能力があるのが建造中のジェラルド・R・フォード級ってわけか。