屋根なし2階建てバス究極の使い方? 水着で乗車OK 高速道走る「日サロバス」爆誕

オープンエアの醍醐味ここに極まる!

海行く前から焼いちゃってください、バスで!

 高速バス「VIPライナー」やバスツアー「VIPツアー」などを運行・販売する平成エンタープライズは2021年5月3日(月・祝)、屋根のない2階建てオープントップバスを活用した旅行商品「日サロバス」を発売しました。

Large 210504 hisaro 01
「日サロバス」に使われる2階建てオープントップバス(画像:平成エンタープライズ)。

 通常は東京周辺の定期観光バスなどに利用されているオープントップバスで、東京から夏の湘南の海(江ノ島)へ行く企画ですが、屋根なしのため「全方向から太陽の陽ざしを浴び放題!そう、まるで日焼けサロンのマシーンの中にいるような環境を作ることができます」とのこと。そこで、「水着着用OK」「車内でのオイル塗りや帽子の着用が可能」というツアーだそうです。

 道中は首都高や横浜横須賀道路を走行。「絶叫マシーンのよう」ともいわれるオープントップバスでの高速道路走行を、素肌で楽しめるのも特徴でしょう。たっぷり日焼けを満喫する「往復プラン」と、江ノ島までの「片道プラン」が用意されています。なお、1人で2席を占有できるとのことですが、以下のような注意事項も挙げられています(一部抜粋)。

・あまりにも過激な水着はお控えください。

・バスに乗るまでは、必ず衣類を着用してください。

・シートにバスタオルをかぶせれば、サンオイルを塗ってもOKです!

・更衣室はご用意しておりません。予め水着を着用するなどして切り替えをお願いします。

・車内で浮き輪に空気は入れないでください。風に飛ばされる可能性があります。

・オイルやジェルなど十分に日焼け対策を行った上で各自日焼けをお楽しみください。

 日程は7月25日、8月1日、8日、15日、22日、29日(いずれも日曜)が予定されています。出発地は東京駅(東京VIPラウンジ集合)です。料金は往復プランが5900円、片道プランが3900円となっています。

【了】

【写真】2階建てオープントップバス客席&「日サロバス」イメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 寝っ転がれるわけじゃないわけよね?走るんだし。
    変な感じに焼けるんじゃないの?背もたれの背中だけ真っ白とか。

  2. ありがとうございます。「…………。」と言ったような(つまり、コメントの出しようがない)バスでありますね。