はとバスの新型「屋根なし2階建てバス」ツアーを体験 首都高走ったらスゴかった!

はとバスが新型の2階建てオープントップ(屋根なし)バスを導入しました。いまや同社の主力商品というオープントップバスで都内を巡るツアーを、その新車で体験。肌で感じる風が気持ちいい一方で、けっこうスリルもあります。

改造車じゃない! 「純オープントップバス」ゆえの特徴

 はとバスが2021年4月3日(土)から、新型の2階建てオープントップ(屋根なし)バスで都内を回遊するツアーバス(定期観光バス)の運行を始めます。それに先立ち2日(金)に試乗会が行われました。

 今回はとバスが導入したのは、イギリスのいわゆる「ロンドンバス」を手掛けるバンフォード・バスカンパニーがボディを製造した輸入の2階建てバス(エンジンとシャシーはスウェーデンのスカニア製)。はとバスにとっては初めての「オープントップバスの新車」です。

Large 210402 tour 01

拡大画像

はとバスが導入した新型オープントップバス「エクリプス・ジェミニ3」(2021年4月2日、中島洋平撮影)。

 2009(平成21)年の開始以来、はとバスのオープントップバスツアーは主力商品に成長しているそうです。同社は現在、国産2階建てバスを改造してオープントップバスとしたものを走らせていますが、国産の2階建てバスは10年以上前に生産が終了。このため海外に新車のオープントップバスを発注したというわけです。

 こうして誕生した「純オープントップバス」、2階の座席配置で大きな変更点としては、ガイド席が最前列から最後尾になったことが挙げられます。従来の座席配置だと、最前列席はバスガイドと近い距離で対面するため販売していなかったそうですが、ガイド席の配置変更で8席分増えたうえ、遮るものなく前方の視界を存分に味わえるようになりました。

 また、雨対策である折り畳み式の幌も、従来よりコンパクトに畳めるようになり、眺めのよい座席も増えているといいます。実際、今回は折り畳まれた幌がある最後尾席(ガイド席の1列前)に座りましたが、視界は良好でした。

【ギャラリー】屋根なしバスから見える景色を写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント