韓国海軍 新型フリゲート「テジョン」進水 艦名は朝鮮半島の交通の要所に由来

テジョン(大田)は韓国随一の学術都市としても知られます。

コンパクトながら艦載ヘリも運用可能

 韓国海軍は2021年5月3日(月)、新型フリゲート「テジョン」が進水したと発表しました。

「テジョン」はテグ級フリゲートの5番艦で、排水量は2800トン、乗員は約120名。大きさは全長122m、全幅14m、全高35mで、5インチ(127mm)単装砲や近接防御火器(CIWS)20mmファランクス、対艦ミサイル発射機などを搭載するほか、各種ミサイルを発射可能な垂直発射装置「KVLS」などを装備し、艦載ヘリコプター1機の運用能力も有しています。

 主機には、ディーゼルエンジンと発電機からなる「ディーゼル・エレクトリック」に、ガスタービンエンジンを組み合わせた、「CODLOG」と呼ばれるハイブリッド推進方式を採用しており、最大速力は30ノット(約55.6km)です。

Large 210506 tejon 01

拡大画像

韓国海軍の新型フリゲート「テジョン」(画像:大韓民国海軍)。

 なお艦名の「テジョン」とは、韓国中部にある大田広域市のことです。ここは韓国で5番目の人口を擁する大都市で、官公庁の一部や韓国鉄道公社の本社が置かれるなど、首都ソウルを補完する副首都としての機能も持っています。

 韓国海軍の計画では、「テジョン」は2022年末に就役する予定です。

【了】

【写真】支綱をハサミで切断 「テジョン」進水の様子

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. お願いだからやばい兵器でないことを祈ります。兵士が可哀想だから。

  2. どんなフリゲートか楽しみだなぁww.