韓国新型戦闘機KF-X、したたかな開発戦略と現状 空自F-2後継機の少し先でどうなった?

韓国が開発に取り組んでいる新型戦闘機KF-Xが、ようやく形になりそうな模様です。その紆余曲折の経緯は、他国との共同開発も視野に入った空自F-2後継機の今後にとって、いろいろな意味で参考になるかもしれません。

実物大模型もお目見えのKF-Xは次のステップへ

 韓国の航空機メーカーKAI(Korea Aerospace Industrie)と韓国空軍、韓国で防衛装備品の開発を手がける防衛事業庁が、10月15日(火)から20日(日)までの6日間、韓国のソウル空軍基地で開催された防衛装備展示会「ADEX2019」に、韓国が国内開発を進めている新戦闘機「KF-X」の実大モックアップ(模型)を出展しました。

Large 191028 kfx 01

拡大画像

「ADEX2019」の会場に展示された新型戦闘機「KF-X」の実大モックアップ(竹内 修撮影)。

 KF-Xの開発は2019年現在も韓国空軍が運用している、1970年代に導入した「F-5E/F」「F-4E」両戦闘機の後継機として2001(平成13)年にスタートしました。当時の韓国空軍とKAIは、開発と導入に必要な経費を少しでも抑えるため、KAIがロッキード・マーチンの協力を得て開発した超音速ジェット練習機「T-50」の戦闘攻撃機型である「FA-50」をベースに、ステルス性能を向上させ、捜索距離の長いAESAレーダーなどの高度な電子装置を搭載する、エンジン1基の小型単発戦闘機を考えていました。

 しかし、小型戦闘機では日中両国の新戦闘機に対抗できないという声が、防衛事業庁の諮問委員会やメディアから上がります。また2010(平成22)年12月に発生した北朝鮮による延坪(ヨンビョン)島砲撃事件を受けて、北朝鮮に対する抑止力を強化するためには、KF-Xは高いステルス性能を持つ多用途戦闘機とする必要があると空軍が方針転換をします。こうした事態を受け、小型単発戦闘機案は見送られ、より大型のエンジンを2基搭載する双発戦闘機として開発されることになりました。

「ADEX2019」で発表されたKF-Xのサイズは、全長16.9m、翼幅11.2m、最大離陸重量は2万5582ポンド(約11.6t)で、F-15などに比べれば小さいものの、イギリスなど4か国が共同開発したユーロファイター「タイフーン」などよりも大きな戦闘機となっています。

【写真】大型ディスプレイが目立つ「KF-X」のコックピット(モックアップ) ほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 「KF-X」の目指してる要素は今更な4・5世代機だしね(F-35やF-22は第5世代機、F/A18Eスーパーホーネットは4・5世代機) 。
    残念ながらF/A18Eスーパーホーネット程の性能を出せるとは思えない。
    性能的にもF-15Eの下位機になるんじゃないのかな(生産・整備技術の低いK国じゃ予定通りの性能を安定しては出せないでしょ)
    K国がアメリカからの技術提供を受けられなかった一番の原因は、軍事技術漏洩の前科が有るからで、一度でもやった事のある国は信用できないからであって当たり前の処置ですよ。
    ステルス性を期待できない構造をロシアからのステルス性?のある塗料でカバーするみたいだし。
    F-35にしても完成機しか輸入できない上に、簡単な整備しか出来ない制限付き(大規模な整備や修繕には日本かオーストラリアまで持っていかなければならない・・・アメリカにはそれだけの技術が無いと見られてるのと、不用意な情報流出を懸念しての措置)まぁ、日本に頼むのは嫌だからオーストラリアまで運ぶ事になるんじゃないかな、軽空母と謳った揚陸艦でも使って。
    自衛隊の次期支援戦闘機の開発は、第五世代機から第六世代機を目指してのものらしい。
    が、今回を逃すと無人戦闘機開発に移るのではとの声も・・・
    エンジンに関しては良い物を開発できた様では有るが。