首都高の五輪期間中1000円上乗せ 免除になる車両は? 一部は要事前申請

多くの自家用車は1000円増しと思ってよさそうですが……。

ナンバープレートの種類により適用車種が決まる

 2021年7月から9月の東京オリンピック・パラリンピック期間中、首都高では混雑対策を目的とした割増料金が適用されます。

 オリンピック大会期間中の2021年7月19日から8月9日まで、ならびにパラリンピック大会期間中の8月24日から9月5日は、昼間(6~22時)に首都高を利用するマイカーなどへ、一律1000円が加算されます。反対に、夜間(0~4時)は首都高全線で料金が5割引になります(ETC車限定)。

Large 210510 shashu 01
首都高の五輪期間中の料金上乗せ、一部対象外の車種もある(画像:MASAKAZU SONODA/123RF)。

 料金加算の適用範囲はおおむね東京都内が対象ですが、路線ごとに異なります。また、今回は対象車種についても次の通り細かく条件が設けられています。

●対象車種

・ETC車:軽・二輪、普通車のうち自家用乗用車。
※軽自動車はナンバープレートの分類番号(3桁数字)500番台、700番台、普通車は300番台、500番台、700番台が対象。

・現金車:すべての軽・二輪、普通車。

●対象外の車種(申請不要)

・軽自動車ならびに普通車の自家用自動車で、ナンバープレートの分類番号400番台と600番台(小型貨物車および軽貨物車)、800番台(特殊用途自動車)のETC車。

・事業用(黒地と緑地のナンバープレート)のETC車。

・中型車、大型車、特大車(ETC車、現金車とも)。

・「有料道路における障害者割引制度」の適用を受けている人(ETC車、現金車とも)。

●事前申請により対象外となる車両(ETC車限定)

・障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)の交付を受けている人が運転する車両または同乗する車両

・社会福祉法第2条に規定する社会福祉事業の用に供する車両。施設等の利用者が同乗するものに限る。

 事前申請で登録した「自動車+車載器+ETCカードの組合せ」でETCレーンを通行すると、料金が上乗せされません(出口通過時には上乗せ料金が案内されるが、実際の請求額は上乗せなし)。申請は東京共同電子申請・届出サービスのウェブサイトで、6月30日いっぱいまで受け付けています。

 ちなみに、いわゆるピックアップトラックなど、ナンバープレートの分類番号100番台(普通貨物車)のクルマを自家用車として乗る人もいますが、これは中型車に分類されるため料金上乗せの対象外となるそうです。

【了】

【画像チェック】昼間1000円上乗せ対象/対象外車種

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント