エアバス次世代ヘリコプター「H160」国交省の型式証明を取得 すでにANH向けの機体は進空

AS365やEC155と同系となる中型ヘリコプターの最新モデルです。

人員輸送や救急医療、VIP輸送まで

 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスの子会社であるエアバス・ヘリコプターズは2021年5月18日(火)、最新鋭の多用途ヘリコプター「H160」が、国土交通省航空局より型式証明を取得したことを発表しました。

Large 210518 h160 01

拡大画像

エアバス・ヘリコプターズ製の次世代型多用途ヘリコプターであるH160(画像:エアバス・ヘリコプターズ)。

 H160は、2015(平成27)年にパリ航空ショーで初飛行を披露した最新鋭機で、新設計の低騒音ローター・ブレードと視界の広い客室設計を採用しているのが特徴のヘリコプターです。次世代の多用途ヘリとして、洋上での人員輸送、救急医療、ビジネスおよびVIP輸送、そして公共サービスなど様々なミッションへ対応できるといいます。

 今回の日本での型式証明取得と前後して、エアバス・ヘリコプターズは日本でのH160運用開始に向けて準備を進めており、神戸にて整備士の訓練を開始しています。加えて、H160ヘリオニクス・トレーナー(HATS)も導入し、その準備を進めているそうです。

 なお、すでに名鉄(名古屋鉄道)のグループ企業であるANH(オールニッポンヘリコプター)がH160の導入を決めており、同社向けの機体は2021年1月14日(木)に初飛行に成功しています。

【了】

【写真】日本向けの初号機 ANH仕様のH160

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント