理由は「唯一のフランス製」 陸自のヘリ版政府専用機 特別なのは用途や内装のみならず

航空自衛隊が運用する民間旅客機ベースの要人輸送機である政府専用機は、「日本版エアフォースワン」と形容されるなど比較的知られていますが、同じく要人輸送に特化した特別輸送ヘリコプターが陸上自衛隊で運用されています。

千葉県木更津にわずか3機しかないレア機

 天皇、皇后両陛下をはじめ首相や政府要人などが外国を訪問する際に用いられる、航空自衛隊が運用する政府専用機は広く知られますが、陸上自衛隊にも、そのヘリコプター版といえる「特別輸送ヘリコプター」があります。

Large 200408 vipheli 01

拡大画像

演習場に着陸し防衛大臣を乗せるEC-225LP。機内には操縦士2名のほかに、最大20名を収容可能(柘植優介撮影)。

 特別輸送ヘリコプターの機種は、フランスにある多国籍航空機メーカー、ユーロコプター(現エアバス・ヘリコプターズ)が開発したEC-225LP大型ヘリコプターです。陸上自衛隊が現在、運用するヘリコプターのほとんどが、アメリカ機もしくは国産機のなか、フランス生まれの機体というのはEC-225LPが唯一です。部品の互換性や整備性などを考えると、デメリットもありそうですが、なぜ採用されたのでしょうか。

 その理由は、本機の前に導入され運用されていた初代特別輸送ヘリコプター「AS 332L」が、同じくフランスの航空機メーカーであるアエロスパシアル(現エアバス・ヘリコプターズ)製だったからと推察されます。

 先代も現用機も、特別輸送ヘリコプターは政府専用機と同様、旧総理府、現内閣府の予算で購入され、そののち防衛省に移管され、各自衛隊機として運用されています。

 そのため、機種選定に防衛省および陸上自衛隊が関わることはなく、様々な理由から特別輸送ヘリコプターはフランス製の機体に決まったようです。そして後継機種についても内閣府が選定し、その予算で購入することになったことから、同じフランス製のEC-225LPが選ばれたようです。

 EC-225LPは、木更津駐屯地に所在する第1ヘリコプター団の特別輸送ヘリコプター隊で一括運用されています。

【写真】後任機と結構似てるかも 初代特別輸送ヘリコプター「AS 332L」

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント