LA騒然、夜のビル街を飛ぶ漆黒の影! その正体、米陸軍「ナイトストーカーズ」とは?

夜のロサンゼルス、ダウンタウンに林立するビルを縫うように飛行する、無灯火で漆黒のヘリコプターが多数、目撃され、街が騒然となりました。彼らの正体は「ナイトストーカーズ」、アメリカ軍屈指のプロフェッショナル集団です。

真夜中のLAに舞い降りた黒塗りのヘリコプター

 2019年2月4日、アメリカ屈指の大都市であるロサンゼルスのダウンタウンに、突如として多数のヘリコプターが超低空で飛来しました。しかも、機体は闇夜に紛れるように黒く塗装され、さらに灯火を一切点灯していませんでした。

 これらの謎のヘリコプターは、ビルの合間を縫いながら道路や建物脇にぴたりと着陸、地上で待機していた人員を収容したり、さらには機体から飛び出した人員が建物へと突入していったりしました。この一連のできごとを間近で目にしたロサンゼルス市民のなかには、本当に戦争やテロが発生したと思い込んでしまった人々もいたようです。

Large 190225 ns 01

拡大画像

手前から「ナイトストーカーズ」のMH-60MとMH-47G。一番奥はB-25爆撃機で、イベントでの飛行の様子(画像:アメリカ陸軍)。

 ことの真相は、アメリカ陸軍の特殊作戦部隊であり、「ナイトストーカーズ(闇夜に忍び寄るもの)」の名を冠する「第160特殊作戦航空連隊」が実施した市街地訓練でした。

「ナイトストーカーズ」は、ケンタッキー州フォートキャンベルに司令部を置くアメリカ陸軍の特殊部隊で、その特徴はなんといっても、専用の特殊なヘリコプターを用いた敵地への隠密侵入能力です。

 そのため「ナイトストーカーズ」のパイロットには、敵に発見されないよう真夜中に暗視ゴーグルを装着し、機体を超低空で地表スレスレに飛行させる能力が要求されるのですが、これは並大抵の技量では成しえない飛行方法で、非常に高い練度が求められるものです。

 そうして敵地へと侵入すると、今度は乗っている特殊部隊員を地上や建物に降ろさなければなりません。そのため「ナイトストーカーズ」のパイロットは、山岳地帯のような厳しい地形からビルの屋上のような非常に狭い場所に至るまで、機体を正確に操って隊員たちを無事に降ろせる技量が求められます。冒頭で触れたロサンゼルスでの件は、まさにこうした能力があるからこそ成しえる業だったといえます。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190225 ns 06
  • Thumbnail 190225 ns 01
  • Thumbnail 190225 ns 02
  • Thumbnail 190225 ns 03
  • Thumbnail 190225 ns 04
  • Thumbnail 190225 ns 05

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント