JR西日本 10月ダイヤ見直しで計130本減便へ 来春予定から一部前倒し

4、5月の近畿圏の利用客数は前年比で約半分の落ち込みとなっています。

利用客の大幅な減少が影響

Large 210430 nishi 01
2021年10月のダイヤ改正で近畿エリアを始め各地で減便が行われる。

 JR西日本は2021年5月19日(水)、昨今の利用状況を踏まえ、2021年10月に減便を中心とするダイヤ見直しを行うと発表しました。2022年春の実施予定から一部前倒しになった形です。

 10月のダイヤ見直しでは、利用客の減少率が大きい線区で、昼間の時間帯を中心に、近畿エリアでは約60本、その他各エリアでは約70本が減便される予定です。

 なお、来年春に予定されているダイヤ見直しでは、すべてのエリアおよび時間帯でさらに減便が行われる模様です。

 すでに在来線特急では、一部列車の運転休止や臨時列車化が行われ、その他在来線列車も近畿エリアを中心に、今年3月のダイヤ改正で約300本が減便となっています。

 大幅なダイヤ見直しの背景として、JR西日本では新型コロナウイルスの影響などで利用客が前年比で大きく減少しており、4月の前年比で、山陽新幹線では32%、在来線特急は26%、近畿圏では59%となっている状況です。

 詳細については7月に公表するとしています。

【了】

【減便が行われる主要線区】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ありがとうございます。やっぱりですよね。もうこれで、現在当面運休の新幹線や特急列車はすべて廃止確定ですね。もう当面運休決定の時点で廃止前提ですから、あとは正式に廃止の発表(つまり当面以降を正式化)を待つだけですね。ちなみ自分は当面運休発表の時点で対象便の葬式鉄を実施しました(オンライン上での実施ですが…)。

    • ちょっと何言ってるかわからない

  2. 正しい判断。序にJTBを筆頭にピンハネ業を外してネット直販体制強化すれば黒字化する。