スバル 新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を初納入 陸自UH-2と共通

スバルはベル412EPXの整備用に新工場を建てました。

ベル412シリーズ最新型の民間初号機は警察庁へ

 SUBARU(スバル)は2021年5月20日(木)、新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」の量産初号機を警察庁へ納入したと発表しました。同機は2019年6月に落札・受注したもので、今後、スバル宇都宮製作所にて操縦および整備の訓練などを行ったのち、岩手県警察で使用される予定です。

Large 210520 bell412epx 01

拡大画像

警察庁に納入された「SUBARU BELL 412EPX」。岩手県警で使用される予定(画像:スバル)。

「SUBARU BELL 412EPX」は、アメリカのヘリコプター製造企業ベルとスバルが共同開発した機体で、世界的ベストセラーの中型双発ヘリコプターである「ベル412」シリーズの最新型です。

 機体は、スバルが独自開発したレーザーピーニング技術によるメインローターのギアボックス強化をはじめ、ドライラン能力の向上、最大全備重量の1万2200Lbs(約5500kg)までの増加、マストトルク出力の向上などの性能改良を行っているのが特徴とのこと。

 なお「SUBARU BELL 412EPX」とプラットフォームを共通化している、陸上自衛隊の新多用途ヘリコプター「UH-2」も防衛省/陸上自衛隊に納入され、2021年5月現在、飛行試験が行われています。

【了】

【写真】液晶ディスプレイを多用した「412EPX」のコックピット

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント