海にも出る陸自、攻撃ヘリに求めるものは? ベル社AH-1Z、次期ヘリ選定に自信アリ

退役が迫る陸自AH-1S「コブラ」対戦車ヘリの後継機選定に関し、候補のひとつと目されるAH-1Z「ヴァイパー」について、メーカーであるベル社が自信をのぞかせています。

アメリカ海兵隊員の頼れる相棒

 2018年11月28日より東京ビッグサイトにて3日間の日程で開催された「国際航空宇宙展2018東京」へ、アメリカのベル・ヘリコプター(以下「ベル社」)は、攻撃ヘリコプターAH-1Z「ヴァイパー」のモデルを展示しました。これはアメリカ海兵隊にて、AH-1W「スーパーコブラ」攻撃ヘリを置き換える形で、2010年代から本格的な運用が始まったばかりの新しい攻撃ヘリで、日本にとっても今後、縁深い機体になるかもしれません。

Large 181208 viper 01

拡大画像

米海兵隊 駐沖縄部隊のAH-1Z「ヴァイパー」攻撃ヘリ(写真左)と、UH-1Y「ヴェノム」汎用ヘリ(画像:アメリカ海兵隊)。

 AH-1Z「ヴァイパー」は、機首に装備する20ミリ機関砲や、機体両側面の翼に装備するロケット弾や爆弾、さらに誘導式対戦車ミサイル「ヘルファイア」によって、敵歩兵や装甲車両を攻撃可能で、また翼両端に装備する空対空ミサイルによって敵航空機をも攻撃できます。

 機体の重要部分には防弾性が付与されているほか、携行式地対空ミサイル(MANPADS)や、より本格的な地対空ミサイルによる攻撃への備えとして、敵が発するレーダー波やレーザーなどを検知し、万が一ミサイルが発射された場合にはこれを妨害する自己防御システムを搭載するなど、敵の脅威がある地域でも機体と乗員を防護するための最大限の工夫がなされています。

Large 181208 viper 02 Large 181208 viper 03 Large 181208 viper 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

ベル・ヘリコプターのAH-1Z「ヴァイパー」攻撃ヘリは艦載も可能な仕様で、アメリカ海兵隊などに採用されている(画像:ベル・ヘリコプター)。

 このように、さまざまな種類の強力な兵器を搭載でき、それによって敵の脅威がある地域においても、地上部隊に迫るあらゆる脅威を排除できるAH-1Zは、対テロ戦争から、時には国家間紛争にも関わるアメリカ海兵隊にとって、まさになくてはならない存在です。そのため、アメリカ海兵隊ではこのAH-1Zを将来、数十年間にわたり運用することになっています。また、沖縄県の普天間基地にも、既存のAH-1Wを置き換える形で2016年末から配備されています。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181208 viper 07
  • Thumbnail 181208 viper 01
  • Thumbnail 181208 viper 02
  • Thumbnail 181208 viper 03
  • Thumbnail 181208 viper 04
  • Thumbnail 181208 viper 05
  • Thumbnail 181208 viper 06

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 陸自がアパッチ採用決定した際に、ある掲示板で今更と疑問を呈したらバッシングされた。
    結果的に少数で採用中止。
    以降、ヘルファイヤさえ搭載出来ないシングルエンジンのお爺ちゃんが主力状態。
    少しだけ時期をずらしてAH-1Zを選定するべきでしたね。
    いつから防衛省の選定が下手くそになったのか。
    +査定の無い役人体質の弊害はこの先も変わらないのか?
    現場の隊員の苦労が軽減する日は来るのかね?

  2. 購入の時も、1Z は候補に挙がったみたいですけど、結局、陸軍と陸自の関係が重視されて
    64D になったんですよね。
    1Z になった場合は、海兵隊からノウハウ吸収する事になるけど、その辺の繋がりは大丈夫
    なのかな?? (西普連が海兵隊化を目指してるけど)