どう使う? 折り畳めるヘリコプター「ブラックホーク」「シーホーク」 実は自衛隊機も畳める

世界中の軍隊で運用されているアメリカ製の多用途ヘリコプターUH-60「ブラックホーク」。バリエーション豊富なこの機体には、世界中に展開しているアメリカ軍が求めた機能が盛り沢山。コンパクトにたためる機能もその一つです。

アメリカ陸軍が新型ヘリコプターに求めた性能とは

 世界初の実用ヘリコプターが登場したのは第2次世界大戦が始まる直前といわれています。その後、大戦で少数ながら実戦投入されたヘリコプターが本格的に使われるようになったのは、1950年代以降のことでした。こうして着実に「兵器」としての完成度を高めていったヘリコプターを、アメリカは1960年代から1970年代にかけて勃発したベトナム戦争において大々的に使用し、「ヘリボーン」という名の空中機動戦術も確立します。

 そのベトナム戦争において、アメリカ軍ヘリコプターの中心的存在を担ったのが、HU-1(後にUH-1へ改称)シリーズでした。HU-1の「U」はユーティリティの頭文字で、その名のとおり、アメリカ軍で最初に汎用ヘリコプターとして制式に認定された機体です。

 HU-1は中型ヘリで、人員および物資輸送から機関銃やロケット弾などを装備しての攻撃まで多用途に使えたことから、様々な戦闘に投入されましたが、実績を重ねるにつれ欠点も見えるようになりました。

 そのためベトナム戦争末期になると、アメリカ陸軍はHU-1に代わる新型の多用途ヘリコプターを求めるようになり、その結果、1976年に採用されたのがUH-60A「ブラックホーク」だったのです。

Large 210419 uh60 01

拡大画像

海上自衛隊のひゅうが型護衛艦に着艦する陸上自衛隊のUH-60JAヘリコプター(画像:陸上自衛隊)。

 UH-60Aは野外における整備性、対空火器による攻撃にもある程度耐えられる高い生残性、当時のアメリカ陸軍の標準的な歩兵1個分隊11名を1機で輸送できることなどが盛り込まれており、それまでのHU-1D(UH-1D)と比べて大幅に性能が向上していました。

 加えてUH-60Aは、アメリカ軍の世界戦略に合致するような性能も付与されていました。それがC-130「ハーキュリーズ」戦術輸送機に搭載できるよう、最も大きなメインローターが折りたためるようになっていた点です。

【写真】コンパクトな方が便利 ローター畳んだ様々なUH-60

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 空自基地の自衛官に聞いた時折り畳み機能がないと聞いた事があるがそれも違ったようだ、デアゴの『いずも』の各種付属品に折り畳まれたフィギュアが写真に載っていたがこれでハッキリした。