ANA 東京~庄内線就航30周年で誕生「コスパ◎オンラインツアー」 銘酒所の大盤振る舞い

「1回飲み会行くくらい」のお金で銘酒三昧!

「酒田リベンジ」も近々に実施予定

 ANA(全日空)グループのANA Xが2021年5月29日(土)、「ANAトラベラーズ オンラインツアー」の第9弾として「酒の酒田 日本酒オンラインツアー~山形・酒田の酒で今夜はじょうきげん~」を実施しました。

Large 210530 sakagura 01
「酒の酒田 日本酒オンラインツアー~山形・酒田の酒で今夜はじょうきげん~」の様子(画像:ANA)。

 新型コロナウイルス感染拡大で平時のように旅行にいきづらくなっているなか、ANAグループではオンライン会議ツール「Zoom」を用いた「仮想旅行」の取り組みを進めています。

 このツアーは、ANA庄内~東京線就航30周年を記念し、山形県酒田市にスポットをあてています。この特徴は、実施日の前に酒田市の地酒専門店「木川屋」がセレクトした、普段は手に入りづらい秘蔵酒含む銘酒4本が宅配便で届き、これを飲みながら配信を楽しめるというもの。ちなみにこのツアー、地酒と配信のセットで3000円です。「自治体のご協力があって実現できた」(企画担当者)特別価格とのことでした。

 配信は約90分で、通常は一般公開をしていない「上喜元(じょうきげん)」の醸造元である酒田酒造の酒蔵内部をオンライン上で見学したほか、クイズやチャットを用いた蔵元の担当者への質問コーナーも設定されています。

 なおこの日、山形を舞台にしたオンラインツアーを、夏頃までにもう一度実施する予定が発表されました。次回のツアー内容の詳細は「検討を進めている」とのことですが、担当者はその方向性を次のようにコメントしています。

「今回は酒処ということで、酒田市が自信を持っているお酒に絞ったツアー内容としましたが、次回は木川屋さんにご協力いただきながらも、もう少し酒田市の魅力発信というところも含めて進めていければと思います。山形はお酒だけではなく、食べものも美味しい土地ですので、次回はこのエリアの名産品をつけてツアーを実施することも検討していきたいと思います」(ANAセールス・ANAあきんど企画担当者)

 今回このツアーは定員上限となる100人が参加し、ANA Xによると「発表翌日に売り切れとなった」とのことです。

【了】

【お店で飲んだらいくら…】オンラインツアーで届いた銘酒たち

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント