AIRDOとソラシドエア 共同持株会社設立後も両ブランドは「継続」へ コロナ禍で再編

どっちか(どっちも)なくなっちゃう…ということではないそうで。

2022年10月めどに設立

 北海道を拠点とする航空会社AIRDOと、宮崎を拠点とする航空会社ソラシドエアは、2021年5月31日(月)、共同持株会社設立に関する「基本合意書」を締結。2022年10月を目途として、共同持株会社の設立を目指し、2社はこの傘下に入ります。

Large 210531 srdo 01

拡大画像

上がAIRDO機。下がソラシドエア機(乗りものニュース編集部撮影)。

 この設立については、「新型コロナウイルス感染症の拡大で、航空需要が大幅に減少するなど、かつて経験したことのない極めて厳しい状況に直面している」ことが要因とのこと。「財務基盤を早期に回復させ、また新たな事業環境を生き抜きお客様への一層の付加価値提供および持続的な成長を果たす上では、これまでの両社の業務提携・協力関係を一層深化させ、両社が有する経営資源を効率的に活用し、スケールメリットを最大限発揮させることが極めて重要であると判断し、共同持株会社の設立を通じて、強固な経営基盤を構築することが最良な選択であるとの結論に至った」(AIRDO・ソラシドエア)としています。

 2社は「共同持株会社設立後も、AIRDOは「北海道の翼」、ソラシドエアは「九州・沖縄の翼」として、それぞれが航空運送事業許可および固有のブランドを有する地域に根差した航空会社として、引き続き持続的な発展を目指すとのこと。この一方で「可能な限りの業務共通化や知見共有などによるさらなる費用削減と、新たな価値を共創することによる収益拡大に向けた取り組みの推進を目指す」としています。

 この初段として、2社は共同特設サイトを開設するほか、7月から「ふたつの翼で全国を旅しよう」の名のもと、キャンペーンを展開します。ここでは期間限定で2社のマイレージの相互交換が可能となるなどのキャンペーンが実施されます。

【了】

2社の統合でどう変わる?資料でさっと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント