21世紀のコンコルドだ! ユナイテッド航空が超音速旅客機発注 東京→シアトルまで爆速

超音速の夢は死にません!

35機のオプションも

 アメリカで超音速旅客機を開発中のブーム・テクノロジー(Boom Technology)は現地時間2021年6月3日(木)、同社の超音速旅客機「オーバーチュア(Overture)」を、ユナイテッド航空が15機購入したと発表しました。この機を購入したアメリカの航空会社は初めてとのことです。

Large 210603 ot 01

拡大画像

ユナイテッド航空仕様の「オーバーチュア」のイメージ(画像:Boom Technology)。

「オーバーチュア」は2016(平成28)年にプランが公開された、66席から88席を配する旅客機で、その全長は約62m(205フィート)。その速度は現在のジェット旅客機の2倍というマッハ1.7で、高度6万フィート(約1万8300m)を巡航し、約7870km(4250ノーティカルマイル)の航続距離を持ちます。

 この機が実用化されれば、現在約8時間半かかる東京~シアトル間を4時間半に、10時間15分かかる東京~サンフランシスコ間を6時間で飛行できるとしています。

 ユナイテッド航空は今回発注した15機のほか、さらに35機購入できるオプションを保有しています。なお、就航開始は2029年を予定しているとのことです。

 ちなみに、ブーム・テクノロジーはJAL(日本航空)も出資。優先発注権を有しています。

【了】

【機内も快適そう!】UAの「オーバーチュア」を画像でがっつり

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. コンコルドが何故失敗作になったか?
    座席は100人しか乗れず
    騒音公害により
    マッハで飛行出来るのは海の上だけ
    航続距離は短い
    高高度飛行してオゾン層を破壊するのでは?
    なんて言われたんだが‼️

  2. 新世代の超音速航空機は純粋なターボジェットではなく、ターボファンの発展型ならば騒音もそれほど大きくはないだろう。
    羽田にも乗り入れ可能なら大きなメリットはある。