新型「ランドクルーザー」300系が披露! フルモデルチェンジは14年ぶり

2021年8月には生誕70周年を迎えます。

新「ランクル」はV6ターボに10速AT

 トヨタは2021年6月10日(木)、本格SUV「ランドクルーザー」の新型モデルを世界初公開しました。

 ランドクルーザーは「ランクル」の愛称で知られる大型のクロスカントリー車両で、1951(昭和26)年に初代モデル(BJ系)が登場して以来、これまでに世界170の国と地域で累計約1040万台を販売してきたとのこと。

 その高い信頼性や耐久性、悪路走破性が評価され、いまでも年間30万台以上を販売するトヨタを代表するモデルとなっています。

 今回、フルモデルチェンジした新型ランクルは300系(300シリーズ)と呼ばれ、2007(平成19)年に登場した200系(200シリーズ)の後継となるモデルです。

Large 210610 lan300 01

拡大画像

新型ランドクルーザー(画像:トヨタ)。

 300系を開発するにあたっては、フレーム自体を設計し直し、軽量・高剛性化を図ったほか、フレーム、車体を含めた車両全体で従来型と比べて、マイナス200kgの軽量化と低重心化を実施。

 エンジンには新開発のV6ツインターボエンジン(3500ccガソリン、3300ccディーゼル)を採用。トランスミッションには、新開発のDirect Shift-10AT(10速オートマチック)を組み合わせることで、前述のボディの軽量化とも相まって、従来型のV8エンジ搭載車を超える動力性能と機動性を実現したといいます。

 一方、悪路走破性の重視から、全長・全幅・ホイールベースなどのボディサイズとディパーチャーアングル・アプローチアングルは従来モデルのままを維持(従来モデル:全長4950mm×全幅1980mm×全高1870~1889mm、ホイールベース2850mm)。

 新型ランドクルーザー(300系)は2021年夏以降、世界各地で発売される予定です。

【了】

【車内はどうなの?】運転席やシート配置など画像を一挙見

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント