「ランクル」激似の新型4駆をフランス軍が大量調達のワケ プジョーの後継 伝説また1つ

フランス軍が2017年から配備を進めている新型4駆「マステックT4」は、国内企業製とされているものの、トヨタ「ランドクルーザー」にそっくりです。調べてみると、よく似ているのにはワケがありました。

人気の「ランクル70」がベース

 フランス陸軍は現在、いわゆる乗用車クラスの小型支援車両について、テクナム社製の「マステック T4」の導入を進めています。この車両、それまで主力として用いられていたプジョーP4が旧式化したため、その更新用として2016(平成28)年に採用されたもので、導入は翌2017(平成29)年から始まりました。

 プジョー車の後継とはいえ、このクルマは100%フランス製ではありません。とくに側面のシルエットは日本でもよく見るクルマにそっくり。実は「マステック T4」は、トヨタ「ランドクルーザー」をベースに所要の改造を施したものなのです。

Large 210202 landcruser 01

拡大画像

フランス陸軍が現在、導入中のテクナム社製「マステックT4」(画像:フランス陸軍)。

「マステックT4」のベースに用いられているのは、歴代の「ランドクルーザー」シリーズのなかでも人気の高い、70系と呼ばれるモデルです。型式名「HSJ76」の5ドア仕様で、排気量4164ccのターボ・ディーゼルを搭載するタイプとされています。

「ランドクルーザー70系」は現在、日本では新車販売されていませんが(逆輸入車を除く)、1984(昭和59)年から2004(平成16)年までの20年間にわたって扱われました。2014(平成26)年にはガソリンエンジン搭載モデルが期間限定で再販され、大きな話題となったことからも、フロントマスクの“知名度”はかなり高いといえるモデルです。

 この「ランクル70」が、フロントグリルやバンパーの換装、ライトガードの増設といった改良が施され、「マステックT4」としてフランス陸軍に大量に納入されました。

【写真】インド軍はスズキの「ジムニー」

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント