ハイオク車にレギュラー、ガソリン車に軽油…どうなる? なくならぬ燃料入れ間違い

クルマの燃料を入れ間違えたらどうなるのでしょうか。ハイオク車にレギュラー、ガソリン車に軽油など、様々なタイプの入れ間違いが起こっています。その原因は、「思い込み」も少なくないようです。

深刻なトラブルにもなり得る燃料の入れ間違い

 クルマの燃料の入れ間違いが少なくない数、起こっているようです。誤給油に起因するJAF(日本自動車連盟)への救援件数は、2018年12月の1か月間において全国で390件に上ったというデータもあります。

 燃料を入れ間違えるとどうなるのでしょうか。それぞれのケースを見てみましょう。

Large 210611 gas 01

拡大画像

給油のイメージ(画像:Koonsiri Boonnak/123RF)。

●ハイオク車にレギュラー

 ある自動車整備工場の代表によると、ハイオク車の場合、レギュラーガソリンでは十分に圧縮する前に爆発してしまうため、エンジン本来の性能を引き出せないといいます。何度も誤給油をするのはノッキングの原因になるほか、エンジン系統のセンサー類にも悪影響が及ぶ可能性があるといいます。

 逆に、レギュラー車にハイオクを入れても問題はないとのこと。むしろ石油元売りによると、ハイオクガソリンにはエンジンの洗浄効果があるといいます。ガソリンスタンドで聞いたところ、レギュラー車にあえてハイオクを入れる人も「たまにいますよ」とのことでした。

●ガソリン車に軽油

 過去のJAF調査で、油種間違いの半数近くを占めたこともあるのが、この「ガソリン車に軽油」を入れる事例。特に「軽自動車は軽油」と思い込んでいたドライバーが少なくないようです。

 JAFによると、ガソリンに軽油が混ざると、エンジンの出力が下がり、加速も鈍く、アイドリングも不調に。100%軽油だけを入れた場合、黒い排気ガスが出るようになり、やがてエンジンが止まってしまうといいます。

【便利なの?】「キャップレス給油口」の仕組み

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to かのこしょうびん Cancel reply

3件のコメント

  1. 自動車、製油メーカーはこの部分何も対策してきませんでしたが
    ノズルの先をレギュラー、ハイオク、軽油の3種類で大きさ、形を
    統一し挿入できないようにするほかないかと。
    レギュラーは丸、ハイオクは四角、軽油は三角など。
    形が合わなければパズルのように当てはまらず給油できなくする。
    間違いに気が付くのが大事かと思います。

  2. >では、なぜディーゼル車にガソリンを入れ間違えてしまうのでしょうか。ひとつには、「貨物車だからディーゼル」との思い込みがあるようです。

    ディーゼルだと思い込んでいればガソリンは入れないのでは?
    混乱しているのはむしろライターのようですね。

  3. ハイオク指定の車にレギュラー入れると
    「燃費の悪化出力の低下がみられます」と
    書かれた
    2リッターAWD280馬力の
    スバル
    インプレッサWRX-STI