JR東日本 相模線に新型車両「E131系電車」投入 横浜線にも直通 2021年秋頃デビュー

房総・鹿島エリアのE131系とは違いがあります!

ワンマン運転対応機器も用意

 JR東日本が2021年6月17日(木)、相模線へ新型車両を投入すると発表しました。

 2021年3月から房総・鹿島エリアで運行されているのと同系式のE131系電車で、4両編成が12編成、合計48両が新造されます。

Large 210617 sagamie131 01
相模線に投入されるE131系(画像:JR東日本)。

 相模線へ投入されるE131系は、房総・鹿島エリアの車両と次のような違いがあります。

・4両編成(2M2T)。
・ロングシートのみ。
・前面デザインが、遠くまで広がる湘南の海とダイナミックな波の水しぶきを水玉模様で表現したものになったほか、前面と側面のカラーリングには、遠くまで広がる湘南の海をイメージした濃淡2色の青を配置したものに。
・座席のカラーが、相模川の豊かな流れや湘南の海をイメージした爽やかなブルー系の
ツートンカラーに。

 営業運転の開始は2021年秋頃からの予定。相模線(茅ケ崎~橋本)のほか、横浜線直通列車(橋本~八王子)でも使用されます。

【了】

【図解!】相模線向け「E131系電車」の特長&現在の「205系電車」とのスペック比較

最新記事

コメント