タイ エアバスC-295輸送機を調達 陸軍が医療支援や落下傘降下で使用

タイはYS-11と同サイズ機を空軍ではなく陸軍が運用。

世界30か国以上で採用 スペイン生まれの汎用機

 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスは2021年6月22日(火)、タイ国防省からC-295中型輸送機を1機受注したと発表しました。

 すでにタイでは陸軍において同機を2機運用しており、今回の1機はその追加分であり、既存機と同じく、貨物輸送や医療支援、落下傘降下訓練などに用いる予定としています。

Large 210623 c295 01

拡大画像

タイ陸軍のC-295輸送機(画像:エアバス)。

 C-295は、スペインのCASA(現・エアバスディフェンス)が1990年代前半に、既存のCN-235輸送機を改良発展させる形で生み出したターボプロップ双発の戦術輸送機です。1997年11月28日に初飛行に成功し、2021年現在までに母国スペインだけでなく世界30か国以上で導入・運用されています。

【了】

【全身真っ黄色】カナダが運用する捜索救難型「C-295FWSAR」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント