エアバス 軍用輸送機「A400M」量産100機目をスペイン空軍に納入

ヨーロッパ共同開発のA400M輸送機、生産数3ケタになりました。

エアバスの軍用飛行機 生産順調

 エアバスは2021年5月25日(火)、軍用輸送機「A400M」の量産100機目の機体をスペイン空軍に納入したと発表しました。

Large 210526 a400m 01

拡大画像

スペイン空軍に引き渡された量産100機目のA400M輸送機(画像:エアバス)。

 この機体はスペイン空軍にとって10機目のA400Mとなるもので、同空軍のサラゴサ基地へ、最終組立工場があるスペイン南部のセビリアから5月24日(月)にフェリー(空輸)されています。

 A400Mは、プロペラ駆動のターボプロップエンジンを4発備えた輸送機で、2009(平成21)年12月11日に初飛行しています。最大積載量は30t以上あり、ヘリコプターなどへの空中給油能力も有しています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント