幻の国鉄「越美線」をたどる 未開通区間をつないだバス追体験ツアー開催

あの区間の廃止から19年が経っています。

長良川鉄道と福井県大野市が共催

 岐阜県の越美南線を運営する長良川鉄道と、福井県のJR越美北線の管理業務を行っている福井県大野市が共催で、2021年8月にバスツアーを行います。両路線をつなぐはずだった鉄道を追体験するものです。

Large 210703 nagara 01
長良川鉄道越美南線(画像:長良川鉄道)。

 越美南線と越美北線は、国鉄時代に「越美線」として一つにつながるはずでしたが実現せず、2002(平成14)年までは、両路線をつなぐバス(美濃白鳥~九頭竜湖)が運行されていました。多くの鉄道ファンから、この南北の路線をつなぐバスルートの復活を望む声が多く寄せられていたそうです。そこで長良川鉄道は国鉄からの移管開業35周年、JR越美北線は開業60周年を迎えるにあたり、両鉄道の利用推進を目的としてツアーを実施するといいます。

 開催日は8月6日(金)、21日(土)、22日(日)、28日(土)。
越美南線の観光列車「ながら」(要予約)、あるいは「清流列車」1号に接続する形で、北濃駅と九頭竜湖駅のあいだでツアーバスを運行します。越美北線に乗り換え越前大野駅で下車、街歩きをガイドと楽しんだのち、市内の「結ステーション」が終着です。ツアー代金は大人5500円。

 なお、10月と11月にもツアーが予定されています。

【了】

【ツアー詳細】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 県境は通学の需要が少ないですからね