一畑電車「再開の見通し立たず」 豪雨で線路冠水、土砂崩れなど 島根

山陰地方で猛烈な大雨が降っています。

当面の間、再開見通し立たず

 島根県の私鉄、一畑電車が豪雨の影響により大きな被害が出ています。2021年7月7日は始発から全線で運転が見合わされていますが、9時40分頃の時点で、「当面の間、再開の見通しが立たない状況」とのことです。

Large 210707 ichibata 01

拡大画像

冠水した一畑電車の線路。大寺~美談間(画像:一畑電車)。

 豪雨により沿線各所で線路の冠水、土砂の流入や土砂崩れが確認されているということです。

 島根県では、いわゆる線状降水帯が形成され、7日未明には松江市付近で1時間に100ミリという激しい雨が降ったと見られています。土砂災害の危険性も高まっており、松江市の一部地域では7日朝に警戒レベル5に相当する「緊急安全確保」が発令されています。

【了】

【駅が…】豪雨による一畑電車の被災状況

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. なんでNHKは全然報道しないんだろう
    受信料返せよマスゴミ

  2. コロナ禍での収益減少中に追い打ちで災害か……キツイな