トロッコ列車「奥出雲おろち号」2023年度で運行終了 残る運転計画も発表

来年度は年間130日程度の運行です。

25年の歴史に幕

Large 210602 izumo 01

拡大画像

「奥出雲おろち号」を牽引する機関車(画像:写真AC)。

 JR西日本は2021年6月3日(木)、木次線を中心に運行されているトロッコ列車「奥出雲おろち号」について、2023年度を最後に運行を終了すると正式発表しました。

 終了の理由について、JR西日本は「トロッコ列車に使用している現行車両が、製造から約50年経過し老朽化が進んでいるため」としています。

「奥出雲おろち号」は23年前の1998(平成10)年、島根県横田町(現在の奥出雲町)から要請を受けたのを機に運行開始。ディーゼル機関車DE10形やDE15形と12系客車を連結し、出雲市駅や松江駅を起点に、木次線の木次駅・備後落合駅などの間で運行されてきました。

 なお、2022年度は4月から土日祝日を中心に、2021年度と同じ約130日の運行予定。最終年となる2023年度も4月の運行開始が計画されています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 木次線の命綱とも言える観光列車だけど、廃止されたら木次線自体の路線の寿命に関わりそうだ