異形の「寸胴ジャンボ」747SPなぜ誕生? 華の東京~NY線の革命児 珍機に終わったワケ

「ジャンボ・ジェット」ボーイング747の歴史のなかには、胴体が短い異形のサブタイプ「747SP」が存在します。なぜこのようなカタチになったのでしょうか。その経緯を見ていくと、かつてのメガ航空会社「パンナム」との深い関係がありました。

そもそも「747」の歴史はパンナムから始まった?

「ジャンボ・ジェット」として世界の航空市場を長年引っ張ってきたボーイング747の開発において、とても大きな影響を及ぼした航空会社があります。かつて世界のリーディング・エアラインであった「パンナム」ことパン・アメリカン航空です。

 ボーイング747はパンナムが「ローンチ・カスタマー」となり、同機を大量に発注したことで、実用化されました。パンナムは、747をボーイング社初のジェット旅客機「707」の後継機として、より大きく、大西洋を横断できる航続距離をもつジェット旅客機を要望したのです。

Large 210709 747sp 01

拡大画像

パンナムのボーイング747SP(画像:パン・アメリカン航空)。

 707は、150人程度の乗客を乗せ、距離1万km程度を結ぶ路線に投入できる航続性能を持っていました。これに対し初期型747のキャパシティは707の約2倍、300人程度の乗客を乗せることができます。ただ航続距離は747も1万km程度で、707と大きな差はありませんでした。

 航続距離1万kmとなれば、物理的には、たとえば東京~ロサンゼルス間を飛ぶことができます。それ以上の距離になると初期型の747では直行便の就航が難しかったことから、パンナムからの強い要望もあり、747の長距離飛行型の開発が着手されることになります。

 また初期型747の登場後、ボーイングのライバルであるロッキード社からL1011「トライスター」、ダグラス社から「DC-10」といったひと回り小さな機体も出現しています。747の改良は、それらライバルへの対策でもありました。

 一方で、パンナムは東京~ニューヨーク線の強化を狙っていました。ビジネス客のドル箱路線であり、無着陸の直行便を就航できれば、いっそうの需要を期待できる路線だったためです。このパンナムからリクエストも踏まえて結実したのが、「747SP」でした。

 こうしたリクエストを実現するための手段としては、さらに低燃費で高出力のエンジンを搭載する、空力を改善するデバイスを取り付ける、不具合の改善も含めた改修型の開発が進められるといった方法で、派生型を開発することが多いのですが、この747SPではそれとは違ったアプローチで、航続距離延長を図りました。それが、同モデルならではの不思議なルックスへとつながっていくのです。

【短ッ!】「珍ジャンボ」747SPの全貌をササっと見る!(写真複数枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. この記事、大事な事が間違ってます。この記事の日本航空のny 直行便の場合、ノーマルのboing747-246B(JT9D-7Q)ではなく、boing747-300 用に開発されていたエンジンJT9D-7R4G2を搭載した「EXECUTIVE EXPRESS」と呼ばれた特別仕様のboing747-246B(JA8161・JA8162・JA8169)を用意したからNRT-JFKの直行便が可能になったのです。日本航空のクラシックジャンボパイロットの間では、JT9D-7R4G2搭載機のことをRエンジンと呼び、7Qエンジン搭載機とは区別されていたそうです。
    日本航空が、DC-10でNRT-ANC-JFKから、b747-246B直行便に変更した1983年にはパンナムが747SPで直行便を飛ばしているだけでした。これは記事の通りですが、B747-200Bに変更したからだけではなく、B747-300用に開発されたエンジンを先行搭載した事により可能になった日本航空の企画の結果だと思います。
    日本において、この様な理由でSPが導入されなかった事は事実ですが、もう少し距離が北アメリカ大陸と遠かった台湾の中華航空ではSPが導入されました。
    おまけですが中華航空006便急降下事故ではSPだったから、空中分解しなかった。-100や-200では空中分解してたのではないか?とジャンボのパイロットだった方々からご存知でしょうか?。
    SPがあまり売れなかったことは事実ですが、記事に書いてある要因ではなく、ボーイングがマーケットを読みきれなかったからではないでしょうか?。同じ様な道を辿った747SRも日本のJLとNHのしか採用されてません。確かに日本航空のリクエストから出来たショーロレンジ使用でしたが、ボーイングは台湾などにも売り込んでいたそうです。採用されませんでしたが。

    • 貴方のコメントも大事な事が間違っていますよ。

  2. どこが?😱私は1983年の月間エアラインのニューヨーク直行便特集を参照してるんですけど。Wikiは参照してません。描き足らなかったのは、就航当時JA8161 とJA8162の2機体制だった事、B747SPを導入した会社がダイナシティだけで無くアメリカから中東まで色々な会社が採用していたくらいでしょ。多すぎて書く気も起きませんでした。

  3. どこが?という言葉が適切ではなかったと書いた後に思い、訂正とお詫びを申し上げます。感じが悪かったと私も思います。
    出来れば私の間違えがあるならその場所を指摘して頂けると有り難いです。「間違えてますよ」だけでは、何が間違えてるのかわからりません。
    JL005・006に関しては私にとって思い出深い事柄でした。なので間違いを教えて頂けると有り難いです。