ナローゲージ鉄道でもICOCA使えます! 四日市あすなろう鉄道が交通系IC導入

全線で利用可能に!

全線で利用可能に

 四日市あすなろう鉄道は2021年8月3日(火)、交通系ICカードのサービスを8月21日(土)の始発から開始すると発表しました。

Large large 210803 asurarou 01
四日市あすなろう鉄道を走る260系電車(乗りものニュース編集部撮影)。

「ICOCA」や「PiTaPa」をはじめ、「Kitaca」「Suica」「PASMO」「TOICA」「manaca(マナカ)」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」といった全国相互利用が可能なカードが、内部線と八王子線の全線で使えるようになります。また、四日市あすなろう鉄道と近鉄のIC定期券を1枚にまとめることも可能です。

 各駅にICカード用の改札機が設置されるほか、あすなろう四日市駅には入金機も置かれます。ICカードやIC定期券の発売は利用開始日と同じ8月21日(土)。販売場所はあすなろう四日市駅です。

 四日市あすなろう鉄道はもともと近鉄の路線で、JR在来線よりもレール間の幅が狭い762mmを採用した、いわゆるナローゲージ鉄道です。全国でも3社しかなく、ICカードへの対応は今回が初めてです。

【了】

【写真】軌間762mmの線路を走る青色の電車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント