短編成の現役私鉄通勤車シリーズが登場! 阪堺モ161形も2種製品化 鉄コレ新製品

北鉄・京成・近鉄・西鉄などの短編成車両が製品化!

第31弾は短編成の現役私鉄通勤車

Large 210810 tc2108 01

拡大画像

北陸鉄道03系(画像:トミーテック)。

 トミーテックは2021年8月10日(火)、模型シリーズ「鉄道コレクション」の新製品を発表しました。

 第31弾は短編成でも楽しめる現役の私鉄通勤車です。ブラインドパッケージ全10種とシークレット2種が登場。税込価格は1個1760円です。ラインナップは以下のとおり。

・北陸鉄道03系 2種
・京成電鉄3600形 2種
・近畿日本鉄道6600系 2種
・西日本鉄道7050形 2種
・熊本電気鉄道03形 2種

 無塗装車両1両が付いた第31弾専用ケース(6両収容可、税込2640円)の発売も予定されています。発売はいずれも2022年1月の予定です。

 また、阪堺電車モ161形の162号車(筑鉄赤電カラー)と166号車(ビークル・スター)の2種も発売されます。税込価格は各2750円です。

 また、架空の「富井電鉄」シリーズからは、「富井化学工業従業員専用通勤列車」が2種登場。いずれも3両セットで税込価格は各5500円です。

 阪堺電車モ161形と富井化学工業従業員専用通勤列車は、2021年12月発売予定です。

【了】

「鉄コレ」新製品の画像とイラストをもっと見る(13枚)

最新記事

コメント