スポーティな日産「ノートオーラNISMO」登場!「駿足の電動シティレーサー」の特徴は?

「NISMOの魂とこだわりを注ぎ込んだモデル」とのことです。

「NISMOの魂とこだわりを注ぎ込んだモデル」

 日産は2021年8月17日(火)、コンパクトカー「ノートオーラ」にNISMOを追加し、2021年秋に発売すると発表しました。

 ノートオーラNISMOは、「ノートオーラ」をベースとし、「フォーミュラEからインスパイアされた『駿足の電動シティレーサー』をコンセプトに、NISMOの魂とこだわりを注ぎ込んだモデル」(日産)とのこと。「NISMOらしい新世代のデザイン、高揚感をもたらすハンドリング、そして、俊敏なレスポンスと伸びのある加速などを特長」(同)としています。

Large 210817 nsnauranismo 01

拡大画像

日産「ノートオーラNISMO」(画像:日産)。

 外観は、都会的で、無駄をそぎ落としたデザインとし、エネルギッシュでありながら、電動車ならではの先進感を表現。NISMO専用に最適化した空力性能を実現するデザインを採用したことで、高速走行時の操縦性が安定するといいます。

 また、NISMOのアイコンであるレッドアクセントの「レイヤード・ダブルウイング」を採用。低重心で、ローアンドワイドなフォルムを実現しています。リニューアルしたNISMOのエンブレムは、マットクロームとマットレッド塗装の表面処理により、新世代NISMOの存在感を主張しています。

 LEDフォグランプは、フロントは5灯の薄型デザイン、リヤはフォーミュラEからインスパイアされた7灯のドット状デザインを採用。アルミホイールは高い空力性能を確保しつつワイドリム化した17インチとし、マットブラックとグロスブラックの2トーンのフードデカール(メーカーオプション)も装備しています。ボディカラーは、4色の2トーンを含む全5色の設定です。

 内装は、ダークトーン&レッドアクセントの色調が特徴。座席は専用ファブリックと合皮を採用し、NISMOロゴの刺繍や、レッド・グレーのコンビネーションステッチにより、スポーティな室内空間を演出しています。

 ノートオーラNISMOの走行性能は、サスペンションを専用化することに加え、車体剛性配分を最適化することで、クイックかつスムースなハンドリングと高い操縦安定性を実現。また、第2世代e-POWERの特徴を最大限に生かし、NISMOらしい俊敏なレスポンスと伸びのある加速性能で、走り好きのドライバーにも満足してもらえる仕様といいます。

 さらに、ドライブモードでは電動車ならではの力強いレスポンスと伸びのある加速を味わえるNISMOモードを新たに設定。ノーマルモードやECOモードも専用チューニングが施されています。

 ノートオーラNISMOは2WD(FF)のみの設定で、価格(消費税込、以下同様)は286万9900円です。

 なお、2021年6月に発表されたノートオーラは、2021年8月17日に販売が開始されました。ノートオーラの価格は、261万300円から295万7900円です。

【了】

【画像】「オーラNISMO」と「オーラ」をじっくり比較!(72枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント