飛ぶぞブルーインパルス! 24日パラリンピック開会式の飛行ルート発表 予行も

開会式前の予行飛行もあります。

パラ開会日の展示飛行ではシンボル描かず

 航空自衛隊は、東京2020パラリンピック開会日となる8月24日(火)のブルーインパルスの飛行ルートを発表しました。

Large 210818 bipara 01

拡大画像

航空自衛隊のブルーインパルス(画像:航空自衛隊)

 24日は渋谷区方面からオリンピックスタジアム(国立競技場)上空を経由し、北区から足立区、葛飾区を抜け、港区から再び渋谷区に入り、皇居近くから北へ抜けていくというルートです。ただ、具体的な飛行時間については、開会式前日の23日(月)に明かすとしています。

 なお、予行については、8月21日(土)から23日(月)のうち1日を予定しており、実施日は決定次第、告知するそう。ただ、今回の展示飛行では、オリンピック競技大会の開会日のときのように特定の場所でシンボルを描く予定はないとのことです。

 また、今回の飛行についても、オリンピック開会日の展示飛行と同様、後日、飛行映像を配信する予定だといいます。

【了】

【地図】パラリンピック開会日のブルーインパルス飛行ルート

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 税金の無駄
    武漢ウイルス対策で、野戦病院作ろう。

  2. 大空には、たなびく飛行機雲。 

    下界には、三密の人の波。