海自アクロバット飛行隊「ホワイトアローズ」知ってる? 一般初登場 SUBARU T-5で空へ

日本の曲技飛行チームといえば、航空自衛隊の「ブルーインパルス」が知られますが、海上自衛隊にも「ホワイトアローズ」というチームがあります。一般イベントデビューの舞台は、最後の「レッドブル・エアレース」でした。

空自は「ブルー」、海自は「ホワイト」

 2019年9月の千葉大会が最後の開催となる「レッドブル・エアレース」。世界屈指の操縦技術を持つアスリートたちが、極限までシェイプアップされた飛行機「エアレーサー」を駆り、立ち並ぶパイロンを高度20mで右に左にかわしながらタイムを競う、とてもスリリングな競技です。これを盛り上げるサイドアクト(エキシビション)のひとつとして、2019年千葉大会では、海上自衛隊の曲技飛行(アクロバット)チーム「WHITE ARROWS(以下、ホワイトアローズ)」がエントリーされています。

Large 190907 wa 01

拡大画像

エシュロン隊形で飛ぶ海上自衛隊の曲技飛行チーム、ホワイトアローズ(2019年1月、板倉秀典撮影)。

 アクロバットチームといえば、航空自衛隊の「ブルーインパルス」が有名ですが、「ホワイトアローズ」は聞いたことがないという人が多いでしょう。それもそのはず、このホワイトアローズは2018年10月に誕生したばかりの新しいチームで、一般のイベントで展示飛行を行うのは今回が初めてなのです。

 ホワイトアローズは、海上自衛隊で哨戒機や哨戒ヘリコプターなどのパイロットを育成する小月航空基地(山口県下関市)第201教育航空隊(以下、201教空)の、教官パイロットたちで編成されたチームです。使っている飛行機はT-5練習機。富士重工業、現在のSUBARUが製造した国産のターボプロップ練習機で、海上自衛隊の航空学生が入隊後、初めて操縦する飛行機です。

【写真】千葉・幕張上空を舞う「ホワイトアローズ」 ほか

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190907 wa 04
  • Thumbnail 190907 wa 05
  • Thumbnail 190907 wa 06
  • Thumbnail 190907 wa 07
  • Thumbnail 190907 wa 08
  • Thumbnail 190907 wa 09
  • Thumbnail 190907 wa 10
  • Thumbnail 190907 wa 11
  • Thumbnail 190907 wa 12
  • Thumbnail 190907 wa 01
  • Thumbnail 190907 wa 02
  • Thumbnail 190907 wa 03

最新記事

コメント