スバル「WRX」8年ぶりモデルチェンジ 日常使いとスポーツ両立 見た目も絶妙に変化

スバルのスポーツタイプセダンの正統進化形です。

2022年米国で発売

Large 210910 wrx 01

拡大画像

スバル「WRX」の新型(画像:スバル)。

 スバルは2021年9月10日(金)、スポーツタイプのセダン「WRX」の8年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型を発表しました。

 今回発表されたの2022年アメリカで発売予定の現地仕様車で、日本仕様についてはまだ未定です。6MTモデルと、CVTにあたる「Subaru Performance Transmission搭載車」の2タイプが発表されています。

「WRX」は1992(平成4)年、インプレッサのスポーツタイプという位置づけでデビュー。2014(平成26)年に単独のブランドとして独立し、今回はそれ以降初のモデルチェンジとなります。

 スポーツセダンの系譜を継いで、応答性と加速性能にくわえ、高剛性のボディとシャシーによる安定した走行性を兼ね備えています。なおかつ特別仕様としてドライブモードセレクト機能を搭載し、場面に応じて各種パフォーマンスの切り替えが可能に。あわせて電子制御ダンパーにより、路面状況などに臨機応変に対応してダンパーの「硬さ」が自動で切り替わることで、車体の揺れを最小限に抑えることができるようになっています。

 エンジンは2.4L水平対向4気筒直噴ターボエンジンで、最大出力は約274馬力となっています。

 安全面でも、CVT車には運転支援システムの「アイサイト」を標準装備。カメラが広角になったことで認識能力を高め、急カーブや突発的な事象などにより対応しやすくなっているとのことです。

 外観面では、フロントグリルが六角形なのはそのまま、バンパー周りがよりスポーツタイプらしい力強い造形に。タイヤ周りのフェンダーにもスポーティーな意匠が施されています。

 発表から一夜明けて、SNS上では早くも話題に。特徴的な変化であるフェンダーや、やや「ゴツめ」になった印象のほか、「ラリーカー仕様にしたい」「SUVっぽくなった」「目がスリムに」といった声も見られています。

【了】

【発表された新型「WRX」の姿を見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント