鉄道の「顔パス乗車」実現 バスとシームレスで乗換可能 山万ユーカリが丘線

ユーカリが丘の移動は「顔」一つで!

バスに続き鉄道でも実証実験

 千葉県佐倉市のユーカリが丘で街づくりを展開する山万とパナソニック、ジョルダンは2021年9月13日(月)、新交通システムのユーカリが丘線ならびにコミュニティバスでの「顔認証システム」実証実験を15日(水)から開始すると発表しました。

Large 210913 face 01

拡大画像

顔認証乗車システムの実証実験が行われる山万ユーカリが丘線(乗りものニュース編集部撮影)。

 3社はすでに5月より、ユーカリが丘内でバスの顔認証乗車システムについて実証実験を行っています。今回新たに鉄道を追加。複数の交通機関を非接触でシームレスに利用できるようになるといいます。

 実証実験では、パナソニックが提供する顔認証技術とジョルダンが提供する決済・チケット管理システム「JorudanStyle3.1」を用い、非接触・非対面での本人確認とチケット確認、乗車管理を行うといいます。バスでは車内の乗車口付近に設置された顔認証端末が用いられていますが、鉄道では、各駅の改札に「業界初となるフラッパーレスでポール型の新デザインを採用した」という「顔認証ポール」が設置されるとのこと。

 3社は「未来を想像させる新しい公共交通スタイルの可能性、利用者の利便性、実用性、街のサービスとしてのあり方の検討と構築の実証を通じて3社で取り組んでいきます」としています。

【了】

【実景】「顔認証ポール」が設置された鉄道駅改札

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント