2階建てバスで筑波山のワインディング 走ってみた 「上」も見て走るドライバーの神業

京成トラベルサービスが、ジェイアールバス関東と関東鉄道の2階建てバスを使って、筑波山や車庫の見学に行くツアーを開催。普段はおもに高速道路を走る2階建てバスが、ワインディングロードをランデブー走行しました。

普段は東名や首都高を走っている2階建てバスが

 京成トラベルサービスが2021年9月18日(土)、ジェイアールバス関東と関東鉄道バスの2階建てバスに乗って、筑波山とバス車庫の見学に行くツアーを開催しました。

 使用したバス車両は、ジェイアールバス関東のが通常、東京と大阪を結ぶ「青春エコドリーム号」「青春昼特急」で使用している2階建てバス、関東鉄道のが通常、鹿島神宮駅~東京テレポート駅間で使用している2階建てバスです。

Large 210921 ddb 01

拡大画像

筑波山に到着した2社の2階建てバス(2021年9月18日、恵 知仁撮影)。

 京成トラベルサービスの担当者によると、2階建てバスを使ったツアーは2021年の5月から実施しており、今回で3回目とのこと。そしてやはり「2階建てバス」は、人気が高いそうです。

 また、こうした2階建てバスを使ったツアーは、コロナ禍による需要減衰で車両運用に余裕が出ており可能なところもあるそうで、そう思うと複雑な気持ちですが、それによって「普段あり得ないレアなこと」を楽しめる状況になっているのは、事実です。

 今回の2階建てバスツアーも、そうでした。

【写真】まだ残っていた! 床と表示が懐かしい路線バス車両

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント