トヨタ、立ち乗り電動三輪車「C+walk T」発売 大規模施設の移動に 公道走行も視野【Merkmal】

トヨタが電動三輪車「C+walk T」を発売。1人用で立って乗りハンドルを操作する乗りもので、大規模施設での移動などを想定している。将来的には、関係法規の改正を前提として公道での使用も視野に入れている。

歩行空間での親和性を追求

Large 211001 cwalkt 01

拡大画像

トヨタの立ち乗り電動三輪車「C+walk T」(画像:トヨタ)。

 トヨタは2021年10月1日(金)、立ち乗り式の電動三輪車「C+walk T(シーウォークティー)」を発売した。

 人間一人のスペースに近いコンパクトなサイズで、歩行速度に近い2~6km/hで移動が可能(熟練者用に10km/h設定もあり)。歩行者と横並びで会話ができるなど、歩行空間での親和性を追求したという。

 ステップ高は150mmに低く抑えた。ブラシレスDCモーター、脱着式リチウムイオンバッテリーを採用。約2.5時間で充電でき、1回あたりの充電で約14kmの連続走行が可能という。定員は1人で、立ったまま乗りハンドルで操作する。安全面では、旋回速度抑制機能、坂を下りるときに自動減速する急斜面検知機能などを装備する。寸法は全長700mm、全幅450mm、全高1210mm。車両重量は29kg。最小回転半径は0.59m。

 価格は34万1000円。前方に人や障害物があると警告音とパネル表示で警告して減速する「Safety support」付きは35万4200円。

 用途としては、空港やショッピングモールといった大規模施設で働く高齢者の移動、広い公園や施設を巡るアクティビティツアーでの乗りものといったシーンを想定。関連法規の改正を踏まえつつ、将来的には公道での使用も見据え、日常生活で長距離の歩行が難しい人々をサポートし行動範囲の拡大に役立てたい考えだ。

【了】

提供:Merkmal
「Merkmal(メルクマール)」とは……「交通・運輸・モビリティ産業で働く人やこの業界へ進出したい人が、明日に役立つ気づきを得られるニュースサイト」として発足しました。MaaS、CASE、環境への対応、自動運転技術など、変革著しい交通・運輸・モビリティ産業にまつわる最新ビジネス情報を独自の視点で発信しています。

【画像】立ち乗り電動三輪車「C+walk T」をもっと見る(23枚)

Writer: Merkmal編集部

「Merkmal(メルクマール)」は「交通・運輸・モビリティ産業で働く人やこの業界へ進出したい人が、明日に役立つ気づきを得られるニュースサイト」として発足しました。MaaS、CASE、環境への対応、自動運転技術など、変革著しい交通・運輸・モビリティ産業にまつわる最新ビジネス情報を独自の視点で発信しています。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント