日立がEV用インホイール式ダイレクト駆動システムを開発 世界最高クラスのエネ密度実現【Merkmal】

日立製作所と日立Astemoが、EV向けに、ホイール内部にモーターとインバーター、ブレーキを一体で搭載できるダイレクト駆動システム「Direct Electrified Wheel」を開発した。従来のEVに比べてエネルギーロスは30%低減しているという。

エネルギーロスを30%低減

Large 211005 hitachidew 01

拡大画像

ダイレクト駆動システム「Direct Electrified Wheel」をホイール内部に搭載したEVのモックアップ(画像:日立製作所)。

 日立製作所と日立Astemoは2021年9月30日(木)、電気自動車(EV)向けに、ホイール内部にモーターとインバーター、ブレーキを一体で搭載できる小型・軽量のダイレクト駆動システムを開発したと発表した。

「Direct Electrified Wheel」と名付けられたこの駆動システムは、モーターの駆動力を車輪にダイレクトに伝達する。ホイールは19インチ。最大出力は60kW、最大トルクは960Nm。小型・軽量化したモーターは、従来のインホイール式で課題だったホイール内の重量増加を抑えつつ、パワー密度として世界トップクラスの2.5kW/kgを実現している。

 また、モーター、インバーター、ブレーキを一体化することで、サスペンションなどの既存構造を大きく変えずにホイール内部への搭載を可能にしたという。

 開発したインホイール式EVは、ドライブシャフトなどの間接機構を廃してモーターの力をそのままEVの走行に利用することで、既存のEVに比べてエネルギーロスを30%低減。これにより充電1回あたりの航続距離も増やせるとしている。

【了】

提供:Merkmal
「Merkmal(メルクマール)」とは……「交通・運輸・モビリティ産業で働く人やこの業界へ進出したい人が、明日に役立つ気づきを得られるニュースサイト」として発足しました。MaaS、CASE、環境への対応、自動運転技術など、変革著しい交通・運輸・モビリティ産業にまつわる最新ビジネス情報を独自の視点で発信しています。

【画像】ホイール内部の「Direct Electrified Wheel」

Writer: Merkmal編集部

「Merkmal(メルクマール)」は「交通・運輸・モビリティ産業で働く人やこの業界へ進出したい人が、明日に役立つ気づきを得られるニュースサイト」として発足しました。MaaS、CASE、環境への対応、自動運転技術など、変革著しい交通・運輸・モビリティ産業にまつわる最新ビジネス情報を独自の視点で発信しています。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント