近鉄に新たな観光特急「あをによし」 大阪難波~近鉄奈良~京都間で運行

外装は、天平時代の高貴な色とされる紫色のメタリック塗装です。

販売カウンターも設置

 近鉄が2021年10月8日(金)、新たに大阪~奈良~京都間を結ぶ観光特急「あをによし」を運行すると発表しました。

 12200系電車改造の4両編成。車両名称の「あをによし」は、世界遺産や国宝が数多く存在する古都・奈良にかかる枕詞で、都の美しさをイメージしたといいます。

Large 211008 aoniyoshi 01
観光特急「あをによし」のイメージ(画像:近鉄)。

 運行体系は、午前中に大阪難波から近鉄奈良経由で京都まで行き、京都~近鉄奈良間を2往復。そして京都から近鉄奈良経由で大阪難波まで、というもの。週6日の運行です。

 車内は、乗った瞬間から歴史、文化を感じられる古都奈良の正倉院の宝物をモチーフとした天平文様などのデザインを多用。販売カウンターの設置など、上質な旅のワンシーンを飾る観光特急を目指すそうです。

 座席は2名用のツインシートと、3~4名用のサロンシート。座席数は、リニューアル前の約3分の1である84です。投資額は約3.3億円とのこと。

 デビューは2022年4月29日の予定です。

【了】

【画像】近鉄の新たな観光特急「あをによし」の車内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント