「フォード・マスタング」はなぜ特別なのか 本格的カーアクションが伝説となった映画『ブリット』

大作アクション映画には欠かせない要素となっているカーアクション。映画においてルーツといえる『ブリット』で主役級の活躍を示した「フォード・マスタング」の伝説を、改めてひもときます。

伝説のカーアクション

 今では、ひとつの映画ジャンルとして確立された“カーアクション”。その黎明期に、本格的カーアクションを導入して伝説となったのが、1968(昭和43)年に公開された『ブリット』です。この映画は、“キング・オブ・クール”としてやはり伝説となっている俳優スティーブ・マックイーンが、クールなフランク・ブリット刑事を演じ、犯罪組織を追い詰めていくという刑事モノでした。

 劇中のカーアクション場面は10分程度でしたが、この場面のために、生粋のカーガイ(クルマおたく)で、ル・マン24時間耐久レースに出場するほどの腕を持つレーシングドライバーでもあったマックイーンは、自らスタントドライバーとともにハンドルを握っています。マックイーンのこの情熱と、やはりレーシングドライバーだったピーター・イエーツ監督のこだわりによって、ほんの10分ほどながら劇中のカーアクション・シーンは伝説となりました。ここから本格的なカーアクションの歴史が始まったといえるでしょう。

Large 211007 mustang 01

拡大画像

1968年「フォード・マスタングGT390ファストバック」(画像:フォード)。

 そんな『ブリット』のなかで、マックイーン演じるブリット刑事の愛車であり、もうひとりの主役といえるのが、当時、最新モデルであった1968年式フォード「マスタングGT390ファストバック」。

 マスタングの1968年モデルは、1964(昭和39)年~1966(昭和41)年に生産された初代がマイナーチェンジし、ボディが大きくなった1967(昭和42)年モデルとほぼ同じもの。なお、「ファストバック」とは、ルーフからリアまでなだらかな傾斜で構成されたボディタイプのことです。

 GT390は、排気量390cu.in.(キュービック・インチ=立方インチ)=6.4リッター、最高出力324馬力、最大トルク579Nmという大排気量ハイパワーのビッグブロックV8エンジンと4速マニュアル・トランスミッションを搭載、足回りやブレーキを強化したハイパフォーマンス・グレードでした。

 ただ劇中車は少々改造されており、フロントグリルやバッジ類をすべて取り外し、ホイールはアメリカンレーシング製のトルクスラストDに交換、さらに、エンジンのチューニングや足回りを強化し、ボディカラーはフォード純正のハイランドグリーンに塗装されていました。

【フォード公式】ハイランドグリーンが眩しい「マスタング・ブリット」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント