「ボンネットに透明板を立てたパトカー」激減なぜ? バグガードと呼ぶその板 役割は

ボンネットに透明の板を立てたパトカーが数を減らしています。もともと高速隊の所属車両に取り付けられていたものですが、そもそも、この板にはどのような役割があり、なぜなくなったのでしょうか。

埼玉県警のスーパーパトカーにもついている透明板

 一部のパトカーには、ボンネットにアクリルなどの透明な板が立てられていますが、この透明板付きのパトカーが数を減らしています。

 この板は通称「バグガード」、つまり「虫除け」です。高速道路を走行中、フロントガラスに小虫や飛び石などが衝突するのを防ぐ目的で、昭和の時代から高速隊(高速道路交通警察隊)の所属車両に採用されていました。また、高速隊から一般の警察署へ転属した車両が、バグガードを取り付けたまま、街なかを走っていることもありました。

Large 191217 bugguard 01

拡大画像

東京の警察博物館で屋外展示されている、もと警視庁高速隊所属のマツダ「RX-8」パトカー。ボンネットにバグガードが取り付けられている(2017年9月、佐々木基博撮影)。

 埼玉県警では、2000(平成12)年前後に高速隊へ導入された日産「スカイラインGT-R(R34型)」パトカーにバグガードが取り付けられていますが、それ以降の配備車には採用されていないそうです。ある警察車両に詳しい人物によると、一般的なトヨタ「クラウン」のパトカーでも、「2000年代前半に生産された170系では、すでに一部の車両で見られる程度になっていました。それ以降のモデルにバグガードは採用されていません」といいます。

 埼玉県警によると、バグガードを取り付けなくなったのは、警察庁の方針によるものだといいます。そこで警察庁に問い合わせましたが、資料が残っておらず、経緯は不明とのことでした。

【写真】海外では純正アクセサリーにもなっているバグガードの一種

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191217 bugguard 03
  • Thumbnail 191217 bugguard 01
  • Thumbnail 191217 bugguard 02

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. この目的は、フロントガラスに当たる空気抵抗を和らげ(空気をルーフ上に流す)こと、およびこれによってフロントガラスに虫などの当たり張り付くのを防止するためと聞いていますよ。高速度で走行するとフロントガラスに虫がよく当たりますよね、時には小鳥や小石など・・・,風の流れを作ることでフロントガラスへの異物の衝突などを防止することで,高速での追跡を容易にしている。近年車の形が流線型になり風の流れがスムーズになったこと、バグガードの振動が気になること、突起物としての規制概念が強くなったことなどから廃止したのでしょうね

  2. 高速道路が出来たばっかりの頃は虫たちもまだ慣れていなくてクルマにぶつかりやすかったけど、きっと年代がたつにつれてよけ方を身に着ける方向で進化したのでしょう。