電動アシスト自転車を「モバイルバッテリーで充電」ホンダ開発 シェアサイクルに導入へ

身近な「第2のバッテリー」で万一のバッテリー切れに備えます。

2022年度中の実用化めざす

Large 211006 battery 01

拡大画像

モバイルバッテリーにより電動アシスト自転車のバッテリーを補う(画像:ホンダ)。

 ホンダは2021年10月21日(木)、電動アシスト自転車をモバイルバッテリーから給電できる「シェアサイクル用2電源システム」を開発したと発表しました。

 このシステムを搭載することで、モバイルバッテリーを走行時の電源に使うことができるほか、本体バッテリーの充電も可能になります。

 ホンダはシェアサイクルの普及に伴う課題として「充電不足やコスト増大」を挙げ、点在する車両の充電が追いつかず、ユーザーの利用機会が損なわれている実態を解消するため、人々が普段持ち歩くモバイルバッテリーを活用するこのシステムを開発したといいます。

 ホンダは2022年度にシェアサイクル事業者と共同で実証実験を行い、実用化にむけ取り組みを進めていくとしています。

【了】

【進化中! 電動アシスト自転車の新技術いろいろ】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. クルマのバッテリーがあがったので、始動させるキットをカー用品店で買った。電圧は知らないがモバイルバッテリーのような形をしていた。取説の字が小さくて難渋したが無事動かせることができた。