京王の駅に「レンタル品の返却ボックス」設置 配送員が電車で集荷

八幡山~新宿の貨客混載の第2弾です。

農産物の都心運搬の往路を利用

Large 211110 keio 01
京王電鉄の貨客混載の取り組みの第2弾が開始へ(画像:photolibrary)。

 京王電鉄は2021年11月17日(水)、レンタル商品などの返却を取り扱うサービス「SMARI」の返却ボックスを京王線および井の頭線の計5駅に試験導入すると発表しました。

「SMARI」はレンタル品の返却や中古品の査定、返品などでユーザーが品物を発送するためのプラットフォームを提供するサービスで、2021年11月現在17事業者と提携しています。

 今回、京王はこの「SMARI」のボックスを初台・幡ヶ谷・桜上水・八幡山・永福町の5駅に設置。初台駅から順番に集荷していき、八幡山駅で下車して最寄りの京王運輸の営業所に持ち込むという流れになります。

 この「貨客混載」の取り組みは、7月から実施されている、飛騨高山からトラックで運ばれてきた農産物を営業所から都心へ電車で輸送する実証実験に続く、第2弾として行われるものです。「SMARI」の荷物を営業所で引き渡した配送員は、そのまま飛騨高山からの農産物を受け取って、午前10時台の各駅停車で新宿駅に引き返していくのです。

 実証実験は11月22日(月)から2022年3月31日(木)まで行われる予定です。

【了】

【もっと分かりやすい図で解説】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント