カワサキ「ニンジャ」新型発表 安全装備が別次元? ボッシュのシステム日本初搭載

バイクが次の段階へいってます!

ニンジャ&ヴェルシス新型 そして電動モデル

 カワサキモータースは、2021年11月25日(木)からイタリア・ミラノで開催される「ミラノショー(EICIMA)」にて、2022年ニューモデルとして「Ninja H2 SX / Ninja H2 SX SE」「VERSYS 650」3機種、加えて電動モーターサイクル3機種の投入予定を発表します。

Large 211124 kawasaki 01
カワサキ「Ninja H2 SX SE」(画像:カワサキモータース)。

 うち「ニンジャ」の新型2機種は、日本の量産バイクならびにスポーツツアラーモデルとして初めて、ボッシュの「ARAS(アドバンスト ライダー アシスタンス システム)」を搭載します。

 ARASはACC(アダプティブ クルーズ コントロール)、衝突予知警報、死角検知の3要素からなるバイクの包括的な先進運転支援システムです。レーダーセンサー、ブレーキシステム、エンジン制御システム、HMI(ヒューマン マシン インタフェース)といった技術を組み合せています。さらに、停車時にブレーキ効力をアシストするVHA(ビークル ホールド アシスト)や、ブレーキランプを点滅させて後続車に急減速を知らせるESS(エマージェンシー ストップ シグナル)といった新機能も、カワサキ車として初搭載するとのこと。

 また、「Ninja H2 SX SE」には路面の凸凹からタイヤが受けるショックを吸収するスカイフックテクノロジーを組み込んだ電子制御サスペンションKECS(カワサキ エレクトロニック コントロール)なども採用するということです。

 なお、電動モデルの情報については、2022年に改めて発表されます。

【了】

【画像】ニンジャ&ヴェルシス新型をもっと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント