東海道新幹線の駅ナカワークスペース 主要4駅に設置 個室・会議室・月極オフィス

EXサービス会員が利用できます。

「ビジネス車両」につづく新幹線テレワーク環境

Large 211110 work 01
東海道新幹線の利用客向けにビジネス環境を整備(恵 知仁撮影)。

 JR東海は2021年11月24日(水)、EXサービス会員向けのワークスペースを東京・名古屋・京都・新大阪の4駅計6か所に設置すると発表しました。

 新幹線「のぞみ」の「ビジネス車両」導入をはじめ、JR東海は駅や車内でのビジネス環境整備を進めています。今回新たに導入されるワークスペース「EXPRESS WORK」は、個室ブースタイプの「WORK-Booth」(4駅構内および名古屋JRセントラルタワーズ)、オープンスペースや会議室などを備えた「WORK-Lounge」(東京駅丸の内ビル11階)、小規模レンタルオフィスの「WORK-Office」(同)の3種類が用意されます。

 サービス開始は12月1日(水)で、利用にはEXサービスから「EX認証コード」を発行し、「EXPRESS WORK」への会員登録が必要です。

 料金と利用時間は以下のとおり(税込金額)。
・「WORK-Booth」:20分あたり275円、通年7時~21時30分
・「WORK-Lounge」:20分あたり、オープン席220円、半個室275円、個室330円、会議室2200円、平日8時~20時
・「WORK-Office」月35万2000円~

【了】

【「駅ナカオフィス」のイメージと利用料金】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント