カワサキ「W」シリーズは何がスゴイのか? 50年以上続く最古参モデル 何度もあった空白期間

カワサキのバイクでZシリーズなどよりも歴史が古く、今なお新車が登場しているのが「W」シリーズです。半世紀以上のあいだに、実は何度も空白期間がありますが、そのたびに復活し、その勢いはますます強まっています。

クセつよバイクと思いきや…時代の流れを読んできたWシリーズ

 2021年12月にカワサキ「W800」シリーズの新商品が発売されます。Wシリーズが世の中に初めて送り出されたのは今から55年前。カワサキのバイクで最も古い歴史を持つシリーズです。さらに、今年2月には、Wシリーズの前身とも言える「MEGURO K3」がW800をベースとして現代にリバイバル発売され、歴史を感じる1台の登場にバイクファンは歓喜しました。
 
 このようにカワサキは近年、伝統あるモデルの最新版やリバイバルモデルを発売し、バイクファンに応える動きを見せており、Wシリーズはその中核ともいえます。半世紀以上の歴史を、Wシリーズはどのように歩んできたのでしょうか。

Large 211124 kawasakiw 01

拡大画像

カワサキW800(画像:カワサキモータース)。

 Wシリーズの第1作目は1966(昭和41)年に誕生した「650-W1」です。当時のカワサキのラインナップでは最大排気量を誇るモデルで、日本のみならず主に北米市場をターゲットに開発されました。まさに、カワサキの“ビッグバイク”の元祖とも言える一台です。

 初期のWシリーズは現代のバイクとは違い、右足でギアチェンジし、左足でブレーキ操作を行う、いわゆる“英国式”でした。今の時代のバイクに慣れている人からすると違和感があるかもしれません。

 ちなみに、筆者(山崎大悟)の父はカワサキのバイクを最も好んで乗り、中でもこの初代の「650-W1」を愛車としていました。「右足でのギアチェンジという点も含めてW1の魅力だ!」と語っていたのを覚えています。しかし、1971(昭和46)年に発売された「W1SA」では、英国式の操作方法から、左足でギアチェンジを行う“ドイツ式”に変更されています。左足によるギアチェンジは若者にも親しまれていたこともあり、客層を若返りさせる意図があったようです。

【クセ強?】初代「650-W1」からWシリーズを写真でイッキ見!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント