「トキの翼」光る激渋デザイン! 新潟LCCトキエア、塗装イメージ披露 公式HP公開で

こういっちゃなんですが、いい意味でLCCっぽさがない!

将来の路線ネットワーク

 2022年に新潟空港に拠点に運航開始を予定しているリージョナル(地域間輸送)LCC(低コスト航空会社)、トキエアが2021年12月1日(水)、公式ウェブサイトを公開しました。

Large 01
トキエアの旅客機イメージ(画像:トキエアの公式ウェブサイトから)。

 同社はこのサイトについて「こちらは将来的に航空券の予約やトキエアが行う様々なビジネスをご紹介するサイトとして活用してまいります」とのこと。

 そしてサイト公開にあわせ、同社の旅客機の機体デザインイメージや路線ネットワークイメージも公開されています。

 デザインイメージは、胴体前部は白、後部から尾翼は紺の2色構成で、シックな配色に。垂直尾翼には「TOKi」の文字、そして新潟県の県鳥でトキエアの社名のモチーフとなっている「トキ(朱鷺)」の翼をかたどったと思われるロゴがあしらわれています。

 路線ネットワークイメージは、新潟空港を拠点にいくつかの地域を結んでいる図が確認できます。もっとも目立つように赤い点で同社の目玉就航先である佐渡空港が、それに次ぐような配色で札幌丘珠空港、仙台空港が結ばれています。このほか、イメージ図からは、関西や名古屋方面にもネットワークを伸ばす方針も見て取れます。

【了】

トキエアの主力機になるか?2025年デビュー予定の「ATR42-600S」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント