AIRDO「ポケモン」塗装機の「お値段そのまま高級席」なぜ誕生? 明らかに豪華 狙って乗れる?

AIRDOからデビューした「ポケモン」塗装機「ロコンジェット北海道」は、全席普通席扱いながら、他と比べて明かに豪華な座席が配置されている一角があります。実はこの座席は、「元上位クラス席」。どういう経緯でこの席が生まれたのでしょうか。

10席設けられた「プレミアムクラス」

 北海道を拠点とする航空会社、AIRDOが2021年12月にデビューさせた『ポケットモンスター』のキャラクター「ロコン」の特別塗装機「ロコンジェット北海道」。この機体は「ロコン」たちを全面にあしらった可愛らしいデザインはもちろんのこと、航空ファンからもうひとつの意味で注目を集める機体でもあります。

 端的にいえば、「ロコンジェット北海道」では、「他社で上位クラスとして使われていた座席が、普通席として使用されている」のです。

Large 01

拡大画像

AIRDOで就航した「ロコンジェット北海道」(乗りものニュース編集部撮影)。

「ロコンジェット北海道」となった旅客機は、ボーイング767-300ER「JA607A」。2002(平成14)年にANA(全日空)へ導入され、国際線、国内線で活躍。「ロコンジェット北海道」としてデビューすると同時に、AIRDOでの第2の人生が始まったというわけです。

 AIRDO転籍直前の同機の座席仕様は2クラス計270席で、ANA国内線上位クラス「プレミアムクラス」が10席、普通席が260席となっていました。プレミアムクラスは、座席の前後配置も広く、横配置も、プレミアムクラスが2-1-2席、普通席が2-3-2席と、かなりのゆとりがあります。その仕様のまま、同機はAIRDOへ引き継がれ、全席普通席扱いとなりました。

「ロコンジェット北海道」への改修は、11月の初頭から那覇空港内の航空機整備事業会社「MRO Japan」で実施されました。同機はこの地で、機体の塗装の乗り換えのほか、機内の改修も実施されたといいます。

【うそー普通席と同じ扱い!?】「ロコンジェット」の「元上位クラス席」(写真レポ)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント