大阪メトロ新車「400系」導入 斬新“宇宙船デザイン” 1両は全クロスシート 中央線へ

こんな形状見たことない!

万博アクセス担う中央線へ

 大阪メトロは2021年12月9日(木)、中央線に400系と30000A系、2種類の新車を導入すると発表しました。

 うち30000A系は御堂筋線で導入している30000系の新造ですが、400系は「新型車両」です。6両23編成を導入。中央線で運用している20系電車の更新車両と、他路線へ転用する24系電車の置き替え用として導入します。

Large 211209 metro 01

拡大画像

大阪メトロ中央線に導入される400系電車(画像:大阪メトロ)。

 400系車両はこれまでにない前面形状が特徴です。夢洲で開催される大阪・関西万博のアクセスを担う中央線を「未来への路線」と位置づけ、前面形状をガラス張りの展望形状とし、宇宙船を意識させる未来的デザインを採用したといいます。安全性はもとより移動手段としての新機能と高レベルの快適性を追求し、さらに、“デザインも「乗って楽しい」を形に”したとのこと。

 また、車両の低床化、優先座席の明確化、車内防犯カメラの設置、ワイド液晶ディスプレイによる4か国語での運行案内、全車両への空気浄化装置や車内Wi-Fiの設置など、利便性も向上しています。

 そのほかの大きな特徴として、1編成につき1両を、ロングシートではなく1人掛けのクロスシート車にする点が挙げられます。また、車内の吊り広告を全廃し、開放感を拡げたということです。

 400系の運行開始は2023年4月の予定。さらに、2024年度に計画している自動運転の実証実験に向け、指令所からの運行指令や情報伝達を行うデータ伝送機能など各種機能を備えているといいます。

【了】

【全席クロスシート車も!】新型400系の画像をもっと見る!

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. この新型車両は近鉄奈良線への乗り入れは考慮されているのでしょうか。

  2. 海外では第三軌条式と架空線に対応した電車ありますね。確かロンドンの地下鉄にあったように記憶しております。第三軌条式ロンドン地下鉄90キロオーバーで踏切爆速!!なんていう記事をかなり昔に読んだ記憶があります。今では近鉄けいはんな線のMAX95キロは第三軌条式では世界的にもかなりのスピードなのではと?最近の世界の都市交通事情に詳しくなく感覚なのですが。