御堂筋線・なかもず駅は「堺筋線の終点」のはずだった? 大阪市営が「堺市乗り入れ」の経緯

大阪メトロの御堂筋線は、もともと大阪市営地下鉄として建設されましたが、堺市内にも長い距離でまたがっています。なぜなのでしょうか。

大阪市の大動脈・御堂筋線が堺市の市街地まで行く理由

 大阪メトロ御堂筋線は大阪府吹田市の江坂駅を起点に、大阪市住吉区のあびこ駅からさらに南下して、大和川を越え、堺市内を4km近く走って、終点のなかもず駅に到達します。もともと大阪市営地下鉄として建設された御堂筋線ですが、なぜ大阪市外に長く伸びているのでしょうか。

Large 210421 midousuji 01
御堂筋線で長年活躍する10系(10A系)電車(草町義和撮影)。

 御堂筋線は大阪市では初めての地下鉄路線として、1933(昭和8)年5月20日に梅田~心斎橋間で開業。その後延伸を続け、1960(昭和35)年にはあびこ駅までが、1970(昭和45)年には江坂駅までが開通、北大阪急行と直通運転を開始します。

 大阪市の中枢を通る御堂筋線は、その後混雑が慢性化。輸送力増強のために、8両編成から9両編成、そして10両編成への増強と、最小2分間隔での高頻度運転化を打ち出します。

 しかしそれを実現するために車両数を増やす必要がありますが、あびこ駅に直結していた我孫子検車場は8両編成の収容が限界で、拡張する余地もなかったため、新たな車庫の建設が急務となりました。

【高架道路に挟まれる地下鉄、活躍する古参車両、御堂筋線の見どころをギャラリーで見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 市川市の東西線、藤沢市のブルーラインのように堺市も分担金を拠出したのですよね?

  2. Osaka Metroは民営化したんだし、市外に出てもよい。北大阪急行も吸収合併していくだろう。