スズキ新型「アルト」登場 装備充実で燃費は軽トップ 94.3万円~!

9代目もやっぱり庶民価格!

正統進化? アルト9代目

Large 211210 alto 01
新型アルト(画像:スズキ)。

 スズキは2021年12月10日(金)、軽自動車「アルト」の新型を22日(水)に発売すると発表しました

 1979(昭和54)年の初代から数えて9代目。従来のR06A型エンジンとエネチャージの組み合わせに加え、R06D型エンジンとマイルドハイブリッドの搭載でさらなる低燃費を実現し、WLTCモード燃費で軽自動車トップの27.7km/Lを達成したといいます。

 安全面では、デュアルカメラブレーキサポートなどを搭載する「スズキ セーフティ サポート」と6エアバックを全車標準に。ガラスエリアを拡大し、視界を広くしているとのこと。

 今回は全高、室内高、室内幅とも先代より拡大。車内には、スズキ国内初となる7インチのディスプレイオーディオ(バックアイカメラ付き)を採用。また、フロントガラスに様々な案内を映すヘッドアップディスプレイも備えます。

 価格はベーシックグレードのAで100万円を切り94万3800円から。42年前の初代アルトは、47万円という低価格で世間を驚かせましたが、進化をしながら今回もその路線を貫き通すようです。

【了】

【使い勝手よさそう!】新型アルトの写真をもっと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント