日本最長169.8kmの路線バス、運賃を往復全額バック! 「八木新宮線」今だからできる楽しみ方

日本一長い距離を走る一般路線バス、奈良交通「八木新宮線」。乗り通せば片道5350円、途中の十津川温泉まででも3450円に及ぶ運賃が、十津川村内での宿泊でキャッシュバックされるキャンペーンが行われています。今しかできない楽しみ方を体験してきました。

一度は訪れてみたい秘境・十津川へのバス代が“実質無料”!

 奈良・和歌山の2県8市1村を走破する奈良交通の一般路線バス「八木新宮線」(八木新宮特急バス)は、全行程で169.8kmを走破する“日本最長の路線バス“として知られています。2021年12月現在、このバスに実質無料で乗車できるキャンペーンが行われています。

 観光庁の補助を得て2022年1月10日まで行われているこのキャンペーンは、奈良県十津川村の指定施設に宿泊することで、始発バス停の「大和八木駅」(奈良県橿原市)から途中の十津川村内までのバス運賃をキャッシュバックするというものです。

Large 211210 yagi 01

拡大画像

八木新宮線のバス。休憩箇所の十津川バスセンターにて(宮武和多哉撮影)。

 東京23区よりも広い672.4平方キロメートルに約3200人が暮らす奈良県十津川村には、全線で168ある八木新宮線のバス停のうち、48か所が設置されています。沿線には「全施設で源泉掛け流し」を日本で初めてうたった十津川温泉もあり、一度は訪れたい秘境としてその名を知られるものの、大和八木駅~十津川温泉間で往復6900円という、宿泊費用にもほぼ近いその費用がネックとなっていました。

 往路分の運賃を宿泊費から差し引き、復路分の無料チケットを宿泊先で発行することで運賃を全額キャッシュバック。世界遺産「紀伊山地の霊場や参拝道」のうち村内の小辺路や大峯奥駆道(おおみねおくがけみち)などにも足を伸ばしてもらうべく、2014(平成26)年から断続的にキャンペーンが行われ、通年で実施された際は年間1.2万組の観光客を十津川村に呼び込む事に成功したといいます。

 八木新宮線で大和八木から十津川村内までの所要時間は、4時間から5時間弱です。実際に乗車してみました。

【乗るだけでお腹いっぱい!】フルに楽しめる日本一長い路線バスの旅 写真で追う

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント